死亡した人に関する給付金

フラワー

葛飾区には、葬儀費を支給する制度があります。第三者行為が原因の死以外であれば、葬儀を実施した後に一律の額が支給されます。亡くなった人の保険証や領収書など、申請の際には様々な書類が必要です。スムーズに手続きを行うためにも、これらの書類に不備がないように確認しておくことが大事です。

Read

最後のお別れ

葬儀

種類

昔のように来てもらう人の為の葬儀ではなく、今は故人の遺志を反映させた葬儀が行われることが多くなってきています。その反面、経済的に苦しい為にどうしても、従来の葬儀を執り行うのが難しい場合があり、その場合は密葬や直葬で済ませるケースも柏原でも増えています。葬儀についての法律的な規制は無い為、本来はどのような形式でも認められるものです。ただ、亡くなってから24時間経過した後でなければ火葬できないこと・ご遺体を埋葬する場合は決められた場所以外では埋葬できないことのみが法律で定められています。その為、自由な形式での葬儀が増加しており、故人の好きだった音楽で見送ったり、宗教色の一切ない葬儀も執り行われています。最近は、柏原でもお一人様が増加し樹木葬などの1人でお墓に入る人も増加傾向にあります。

お手頃な価格で

儀式にかかる費用は莫大な金額が必要となることが多く、葬儀でも平均して約200万円弱の費用を用意しておく必要があります。しかし、人が亡くなるのは予めわかることではなく、いつ亡くなるのかは誰にもわからないものです。また、亡くなる人も残す家族に経済的な負担をかけたくないと考える人も多いです。そこで、人気が出てきたのが無駄を排除したシンプルな葬儀を執り行う柏原にもある葬儀社です。儀礼的なものを排除した葬式をお願いすることができる点や追加費用が一切発生しないなどの明朗会計さから人気があります。また、オプションでのサービスが充実しており、菩提寺を持たない人でも安心して依頼することができます。そして、柏原の葬儀の後にも考える必要のあるお墓や法事についての相談をすることができる点も人気です。

位牌を安置するために必要

仏壇

宗派によって違いますが、位牌には故人の魂が宿っているといわれます。位牌を安置する場所として必要なのが仏壇です。地域によって違いますが、住宅に合ったものを購入します。現代風の住宅にはモダンなデザインの仏壇もあります。都会暮らしでは上置き型が適しています。価格帯も10万から20万円ぐらいが一般的です。

Read

行くタイミングと香典

数珠

埼玉などで訃報を受け取って葬儀に出る場合、相手によって対応が変わってきます。身内や親族、親しい友人などは早く駆けつけて手伝いをして葬儀に備えます。それ以外の状況では弔電を打って香典は郵送にします。参列する際の香典は一般的なマナーを守って行うためにも、日頃から知っておくことが大切です。

Read